会社概要

沿革

昭和52年 3月 CATV放送事業を目的として、焼津ケーブルビジョン株式会社を設立する。
昭和53年 5月 社名を株式会社ビック東海に変更し、ビデオ、オーディオ等の販売並びにビデオソフトの制作等を開始。さらに、情報化時代に向けてパソコン関連事業に着手する。
昭和57年 4月 株式会社TOKAIより情報関連事業の統合化を図るべく、システム機器販売部門の業務を継承する。従来からのAV関連事業、システム機器販売事業、パソコン関連事業等を含め、情報化事業への取り組みを積極的に開始する。
昭和58年 4月 オンラインソフト開発、オフコン・コンピュータグラフィックスソフト開発、ハードメンテ等の業務を開始する。
昭和60年 8月 静岡県焼津市に情報センターを設立。ホームセキュリティシステム「THS」を開発し、24時間・365日無休の体制で運用を開始する。
昭和61年 5月 東京都千代田区神田に東京営業所を開設。ソフトウェア開発、受託の拠点とする。
8月 タンデムNonStop llを導入し、FTS(フォールト・トレラント・システム)に取り組む。
昭和62年 3月 通商産業省(現 経済産業省)の「情報処理サービス業情報システム安全対策実施事業所認定」を取得する。
4月 株式会社TOKAIより電算センター等コンピュータ運用部門の業務を継承、グループの情報部門を一手に担うこととなる。また、LPG、集中監視システム「GFS」を開発し、運用を開始する。
昭和63年 4月 第二種電気通信事業者となる。
平成5年 4月 本社を現在地に移転する。
自社ソリューションの「TOP-VENUS」(運用管理システム)の販売を開始する。
平成6年 4月 システムコンサルティングからハードウェア・ソフトウェアの提供など、トータルソリューションの提供を開始する。
平成7年 4月 東京営業所を現在の千代田区岩本町に移転し、東京本部とする。
平成8年 6月 株式会社TOKAIと共同でインターネット事業に進出する。
平成9年 4月 自社ソリューションの「JFT」(マルチプラットフォーム集配信システム)の販売を開始する。
平成10年 3月 通商産業省(現 経済産業省)の「システムインテグレータ」に登録する。(登録番号09110045)自社ソリューションの「Knowledge Stage」(イントラネットコラボレーションシステム)の販売を開始する。
4月 オラクル社の認定会社として、静岡県で唯一のオラクルデータベースの教育を開始する。
平成12年 4月 有線テレビジョン放送事業者の株式会社トーカイハイウェイネットと合併。第一種電気通信事業者として、CATV放送サービス・CATVインターネットサービスを開始する。
汎用機によるアウトソーシングを対象とした「ISO9002」を取得する。
情報センターでハウジングサービス・サーバホスティングサービスを開始する。
平成13年 3月 経済産業省の「特定システムオペレーション企業等認定」(SO認定)を取得する。
静岡県内のNTT局舎向けのインフラが完成する。
4月 静岡県内でADSLインターネットサービスを開始する。
7月 厚木ネットワークセンターを設立し、関東地区のADSLインターネットサービスを開始する。
デジタル放送センターの運用を開始する。
8月 日本インターネットエクスチェンジ株式会社(JPIX)との接続を開始し、一次プロバイダとなる。
11月 汎用機によるアウトソーシングを対象とした「ISO9001:2000年版」の認証を取得する。
12月 東京都町田市〜名古屋間で、国土交通省の情報ボックスを利用した光ファイバー幹線が完成する。
平成14年 3月 経済産業省の「システムインテグレータ」に認定される。
6月 株式をJASDAQ市場へ上場する。
11月 IDC(インターネット・データセンター)事業で「ISO9001:2000(2000年版ISO9001)」の認証を取得する。
平成15年 10月 IDC(インターネット・データセンター)事業で「ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)適合性評価制度」の認証を取得する。
平成16年 2月 株式の分割(無償交付)を実施(1株を2.5株に分割)する。
4月 電気通信事業法改正により、認定電気通信事業者(全部認定事業者)に移行する。株式会社トーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズに対し、CATV再送信・コンバータ事業及びCATVインターネット事業の営業を譲渡する。
ADSLインターネット網の運用業務で「ISO9001:2000年版」の認証を取得する。
平成17年 2月 ADSLインターネットサービスに関する運用業務で「ISO9001:2000年版」の認証を取得する。
3月 国土交通省の情報ボックスを利用した光ファイバー幹線を名古屋から大阪まで敷設し、東京〜大阪間における伝送ネットワークが完成する。
10月 株式会社トーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズと合併する。
平成18年 4月 受託型ソフトウェア開発事業で「ISO9001:2000(2000年版ISO9001)」の認証を取得する。
8月 CATV光ネットワークを利用したFTTHサービスの提供を開始する。株式会社TOKAIと共同で移動体通信事業に進出する。
平成19年 3月 東京〜名古屋間で中央ルート(東京〜甲府〜諏訪〜名古屋)の光ファイバー幹線を敷設。東京〜大阪間における伝送ネットワークの信頼性向上を図る。
8月 システム設計・開発、運送業務で「ISO9001:2000年版」の認証を取得する。
11月 情報セキュリティマネジメントシステム「ISMS認証」について「ISO27001:2006年版」へ移行、拡大認証を取得する。
平成20年 4月 第二データセンター運用を開始する。
平成21年 12月 エルシーブイ株式会社及び株式会社倉敷ケーブルテレビの株式を取得する。
平成22年 11月 株式会社ドリームウェーブ静岡の株式を取得する。
平成23年 4月 株式会社TOKAIと株式会社ビック東海(現在の株式会社TOKAIコミュニケーションズ)が株式移転により、共同持株会社「株式会社TOKAIホールディングス」を設立(東京証券取引所市場第一部に上場)
10月 吸収分割により株式会社TOKAIの情報通信事業の一部を承継する。
商号を株式会社TOKAIコミュニケーションズに変更する。
平成24年 4月 CATV事業を株式会社TOKAIケーブルネットワーク(新設会社)に継承させる会社分割を実施
10月 株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズのインターネットサービスプロバイダ事業(Webしずおか)を吸収分割により承継する。
平成25年 3月 平成25年3月
4月 株式会社両備システムズと業務提携し、岡山にデータセンターを開設する。