T Care Plusとは?

介護施設向けの業務支援ITサービスです。
ケアする人、ケアされる人、その周りの人、全ての人にプラスアルファのサービスを提供し
介護業務をトータルサポート致します。

介護施設におけるこのような悩みを解決します。
「利用者見守り支援機能」「ケア記録管理機能」「生活記録確認機能」の3つのサービスをご提供いたします。
  • 睡眠計のセンシング機能を利用して施設利用者の脈拍数・呼吸数などの異常や離床状況を施設スタッフに通知します。

  • 施設利用者の食事・入浴・機能訓練やバイタルデータをスマートデバイスを利用して簡単に登録・参照が行えます。

  • ケア記録管理機能で入力された情報を、利用者のご家族やケアマネージャーが確認できます。

サービスイメージ
サービスの特徴
初期費用無料 本サービスをご利用のための初期費用はかかりません。
お客様にてインターネット回線及び施設内のWi-Fi環境をご用意いただければ、当社からの睡眠計やスマートデバイスをレンタルしていただくだけで、本サービスをご利用いただけます。
目立ちにくいセンサーマット 通信機能を搭載した睡眠計はマットレスの下に設置するだけで計測できるため、目立たず施設利用者にストレスを感じさせません。
離床検知だけでなく
脈拍数・呼吸数の異常を検知
離床検知だけでなく、脈拍数・呼吸数の異常も検知できます。
また睡眠/覚醒/離床の経過時間が分かるため離床後、長時間経過している場合など徘徊者や排泄時異常者の発見にも役立ちます。
ケア記録の入力が容易 スマートデバイスを利用し、入力のし易いインタフェースで、施設スタッフが施設内のどこからでもケア記録を簡単に入力できます。入力ミスや記録に費やす時間などを軽減できます。
データを一元管理 データが一元管理されているため、退所時に手渡す記録など別の記録用紙からの転記作業が不要です。
また、施設内のどこからでも見たい情報が確認でき、利用者とのコミュニケーションに活用できます。
生活記録情報の提供 施設利用者の生活記録情報をいつでもどこでも確認することが可能なため、施設利用者のご家族もご安心いただけます。またケアマネージャーにも生活記録情報を提供することで施設利用者に対するより良いケアプランの作成に役立てることができます。
介護スタッフの作業効率化、介護関係者間のコミュニケーションの向上、利用者およびその家族の満足度の向上の実現へ。

お問い合わせ